サン・ミゲル・デ・アジェンデ

ケレタロからさらに北上し、サン・ミゲル・デ・アジェンデ(サンミゲル)に来ました。
ここは、スペイン独立戦争の指導者イグナシオ・アジェンデの出身地であり、街並みも保護されている美しい都市であるので、私のような鈍感な人でも歴史を感じてしまいます。
※下の写真で、どこが美しい都市なの?と思った方は、サンミゲルが悪いのではなく、写真が悪いです。サンミゲルで検索すると、教会と街並みがバシッと写っている写真がいっぱいありますので、ぜひGoogleの画像検索をご利用くださいorz

f:id:mexicoiiyone:20150206010943j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150206011041j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150206013230j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150206011147j:plain

カフェも素敵です。

f:id:mexicoiiyone:20150206011305j:plain

これは、メキシコシティによくあるコンビニOXXO(オクソー)ですが、看板が赤×イエローの配色 → 無彩色になっており、景観を保護しています。

コンビニの中はこんな感じです。

f:id:mexicoiiyone:20150206012122j:plain

ホットスナックとイートインコーナーもあります。

f:id:mexicoiiyone:20150206012303j:plain

レジ周り。
よくあるコンビニの感じです。

写真に写っているのは、フランス人シェフのガブリエル。次の食のトレンドは、ラテンアメリカだそうで、料理の勉強兼遊びに来たらしいです。
意識高いっす*(^o^)/*

またフランス人に遭遇。
清水調べでは、フランス人は、街に植えられている果実を見ると、狩ります。特に、柑橘類。東京でも見かけました。
メキシコでも堂々とレモンを狩ってました!さすがです。

f:id:mexicoiiyone:20150206014135j:plain

高いところは、P氏がお手伝い。
(※P氏はフランス人です)


夜は、こんな感じです。

f:id:mexicoiiyone:20150206015138j:plain

街の中心地ある教会がライトアップされます。

ここは、リタイアしたアメリカ人のオアシスなので、お年を召したアメリカ人がいっぱいいます。彼らの多くが、夜は街に繰り出し、サルサでフィーバーします。

f:id:mexicoiiyone:20150206015536j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150206015701j:plain

フィーバーの渦に若い人はいません。ちょっと妙な感じですね。
まるで、少子高齢化が進む日本の未来を見ているようです(°_°)