マチュピチュ村からマチュピチュまで

マチュピチュ村からマチュピチュまでは、どちらかの方法で行けます。

1.駅近くから出ているバスで30分(往復$25)
2. 博物館の近くから入る山道を登って2時間(無料)

予定を変更し、時間ができたので2の方法でマチュピチュに行くことにしました。

f:id:mexicoiiyone:20150309130415j:plain

マチュピチュに行くまでには2つの関門があります。

まずは、博物館近くの釣り橋前。

f:id:mexicoiiyone:20150309131032j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150309131125j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150309131219j:plain

ここで、パスポートと入場券を提示します。

係員:「なんで昨日博物館行ってるのに、また今日も行くの?しかも、予約日違うでしょ。」

P氏:「予約日は許可を取って変更しました。ここを見てください。許可されてます。博物館には、予約を変更するために行きました。今日は博物館ではなくマチュピチュに行きます。」

係員:「え?そんな話きいてないよ。無線で博物館に確認するからちょっと待って。」

やっと許可がおり、先に進めました。新しい入場券は発券されず、古い入場券の上に色んな人が色んな許可を書くので、入場券がカオスになってます。

ここから入山です。距離は1.7km、高低差約2000m、傾斜60度です。

f:id:mexicoiiyone:20150309130235j:plain

32歳、オフィスワーカー、運動は週1で1時間の水泳、登山経験無
というスペックでは、結構キツイです!

よい眺めです。

f:id:mexicoiiyone:20150309132238j:plain

テンションも上がります。

f:id:mexicoiiyone:20150309132559j:plain
f:id:mexicoiiyone:20150309132659j:plain

2時間ほどで到着です。
疲れた…

f:id:mexicoiiyone:20150309132812j:plain

日本人率高い!赤いパスポートだらけw

そして、最後の関門です。ここでもパスポートと入場券を提示します。

すると案の定…

係員:「予約日と違うからダメだ」

P氏:「よく見てください。変更許可って書いてます。今日入れるように許可してもらいました。」

係員:「そんな話きいてない。昨日博物館行ってるでしょ?なぜその前後にマチュピチュに来なかったの?」

P氏:「到着時間が遅くて、全て見れないと思ったので、博物館の方に翌日見学できるよう交渉し、許可をもらいました。最初の関門の方もそれで納得して通してくれました。」

係員:「到着時間遅かったって、何時に来たの?」

P氏:「14:30くらいです!(←軽く到着時間を盛っているw)」

係員:「本当に昨日、マチュピチュに入場してないんだね?」

P氏:「してません!」

今までの関係者の方たちとは違って頑だし、眼光が鋭い…。

これはダメかもしれないな。
ここまで来て入れないかったら、自分たちで蒔いた種とはいえ、ショックすぎる。

係員:「ちょっと、係員2、こいつらこんなこと言ってるけど、どうしたらいいと思う?」

係員2:「めんどくさいから、さっさっと入れて。この入場者の行列をさばいて。」

ありがとう!係員2!

係員:「次はないぞ!今回限りだからな。」

ということで、やっと入場です。

最初の予定から2日遅れてマチュピチュ入場です。

と、いうことでマチュピチュ日帰りはオススメできません。
誰もやらないと思いますが、無理矢理予定変更もオススメできません。